芯のないこもったニキビの原因と治療方法

ニキビと言えば、毛穴に芯のようなものが詰まっていることがほとんどですが、
まれに芯がなく、中でこもったようなニキビができます。

ニキビを触ってみると、中にしこりのようなものが出来ているのがわかります。

芯のないニキビは化膿した膿が外に出ず長期化する傾向にあるので、
早めにケアすることが大切です。

白ニキビ

通常のニキビと芯のないニキビの違い

通常のニキビは毛穴から過剰に皮脂が出て、
毛穴の外に出すのが間に合わず、皮脂がつまることでニキビの元になります。

その詰まった皮脂が酸化し固くなることで、「ニキビの芯」になります。

このニキビの芯がフタとなり、
毛穴にどんどん皮脂が詰まることでニキビが悪化するのですが、
通常のニキビはこの芯を取り除いてあげることで、
ニキビは自然としぼんで治っていきます。

しかし芯がない場合は表面からのケアができないため、
長いと1〜2ヶ月治らないこともあります

芯のないニキビの原因

芯のないニキビは、スキンケア方法や外からの原因というよりは、
食生活や生活習慣など中からの原因であることがほとんどです。

例えば肝臓が疲れていることで血液の浄化が間に合わず
ドロドロとした血液で老廃物が全身に運ばれ、
それを外に出そうとしニキビになります。

他にも便秘やストレス、睡眠不足でも血液はドロドロになります。

芯のないニキビを作らないために

芯のないニキビを作らないためには、
血液を綺麗にして、食生活や生活習慣に気をつけることです。

脂っこい食べ物やジャンクフード、添加物の多いコンビニ食品や冷凍食品、
スナック菓子やカップラーメンなどは血液を汚してしまいます。

逆に野菜や海藻、大豆製品などは血液をサラサラにする効果があるので、
栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

特に便秘には気をつけたいので、食物繊維の多い根菜類や、
こんにゃく、キノコなども積極的に摂りましょう。

アルコールカフェインも、肝臓に負担をかけ、
デトックス作用を妨げてしまいます。
ニキビのためにもお酒やコーヒーなどは控えるようにしましょう。

早く治したい時は

それでも一度出来てしまった時は治すのに時間がかかります。

どうしても早く治したい場合は、
皮膚科に行くと「めんぽう圧出治療」という、
極細の針を使い、中にこもった膿を外に出す治療をしてくれます。

多少痛みはありますが、保険適用で治してくれるので、
早く治したい場合は皮膚科に行きましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ