アクネケアでお肌がボロボロ!?アクネ菌のケアではニキビが治らない理由

ニキビケア用品の多くが「アクネ菌と戦う!」や「アクネ菌を抑制!」と謳っていますが、
アクネ菌自体はお肌に必要な常在菌であるとご紹介しましたよね。

ニキビを作らないためには、アクネ菌をコントロールするのではなく、アクネ菌が大好きな毛穴の皮脂を詰まらせないようにすることが大切とお伝えしました。

では世の中のアクネケア商品は、ニキビに全く効かないのでしょうか。
そもそもアクネ菌とは何なのでしょうか。

アクネ菌の正体と、アクネケアのリスクについてご紹介したいと思います。

アクネケアの正体

アクネケアの化粧品は、基本的には菌を消毒して殺菌してくれます。
しかし、その時にアクネ菌だけではなく、他の菌も殺してしまいます
菌って別に全部いらなくない?と思うかもしれませんが、お肌には必要な菌もいます。

その代表的なのが表皮ブドウ球菌です。

表皮ブドウ球菌とは、お肌にいる常在菌で、腸で言うところのビフィズス菌のような善玉菌みたいな役割を担っています。

表皮ブドウ球菌は、皮脂や汗をエサとして食べて、弱酸性の脂肪酸を産生し、皮脂から排出される脂肪酸でお肌を保湿してくれるのと同時に、
皮膚面を酸性に保ってバイ菌からお肌を守ってくれています

表皮ブドウ球菌がいないと、お肌は乾燥してバリア機能も低下するので、刺激に弱くなり、敏感肌やニキビにも繋がってしまいます。

この大切な表皮ブドウ球菌はお肌の表面にいる常在菌なんですが、アクネ菌は酸素が大嫌いで皮脂が大好きなので、毛穴の奥の方に居座る傾向があります。

そのため、アクネ菌を殺菌する頃には、表皮にいる表皮ブドウ球菌も殺菌されてしまうんです

アクネケア

ニキビを治すため!と思ってアクネケアを頑張っていても、大事な表皮ブドウ球菌もいなくなっているなんて、悲しいですね。

また、アクネ菌自体もこの表皮ブドウ球菌と同じで普段はお肌を守ってくれている常在菌のひとつです。
アクネ菌を殺菌するということは、この表皮ブドウ球菌を殺菌するとともにアクネ菌も殺菌してしまうので、これも最初はニキビに効果がありますが、次第にお肌のバリア機能が低下して、ニキビができやすいお肌になっていってしまいます。

アクネケア系の化粧品の多くが、最初はニキビに効いてくれます。
しかし、だんだん善玉菌がいなくなっていき、今度はニキビが出来やすいお肌になっていくんです
さらに、乾燥肌や敏感肌もセットになりやすく、よかれと思ってアクネケアを頑張るほど、お肌はボロボロになっていってしまうんですね。。。

ニキビを治すには、繁殖してしまった菌の殺菌、という対処法ではなく、ニキビができないお肌の状態を作っていくことが大切です。
どうしても、という時は一時的にアクネケアをするのもいいですが、長期的なケア、根本的なニキビケアをしたい、という場合はアクネケアに頼りすぎるのは考えものです。

お肌の乾燥を防ぐ、皮脂過剰を防ぐ、毛穴詰まりを起こさないようにする。
そういった基本的なケアでニキビを治していけるようにしていきましょう。

スキンケアを変えるだけで、10年間悩んだニキビがキレイに

1か月どろあわわを使った結果

▶▶10年間ニキビに悩まされた私のニキビが、1か月でキレイになったスキンケアとは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ